【MinecraftJE/PE/etc…】マウス長押しだけ!TNT式ツリーファーム(原木生産機)の作り方〔時速約1700原木〕

どうもこんにちは、べべです。

今回は建築に欠かせない木材のために「原木生産機(ツリーファーム)を作ったのでそいつの作り方を紹介したいと思います。原木を斧で採る必要も無し、TNTで自動で採集します!

自分でやることは木の苗を植えるオンリー。あとは勝手にやってくれます。

(稼働時に大量に骨粉が必要なのでTT等で骨を安定供給できる状態で制作するのがオススメ)

それでは早速内容にうつっていきましょう。


木を育てる部分を作成。

苗の設置場所、輸送用のピストンの設置

まずは敷地を確保。だいたい15*20マスくらいは必要ですね。

確保。それでは苗を育てる部分を作っていこう。

とりあえず画像のように。

左から6マス、下から8マス目を土ブロックに。この土ブロックの場所が木を植える場所になります。ついでに隣に横向きにピストンを4つ重ねる。こっちのピストンは育った木を押し出す役割です。

 

骨粉を出すクロック回路を付ける。

土ブロックに苗を植えたあと即育つようにディスペンサーから骨粉が出る仕組みを作ります。

画像の通りに。手前はディスペンサーです。ドロッパーではないので注意。後ろはクロック回路です。とりあえず画像の通りにやればおk

ツリーファームは稼働させるのに骨粉を大量に消費するのでディスペンサーにホッパー&チェストを付けておくと大量に保管が出来て便利。この中は骨粉で満たしておきましょう。

こんなかんじ。

ピストンが動くような回路を作る。

木が成長したとき木を押し出すピストン(さっき設置した4つのピストン)が動くように回路を作ります。

とりあえず言葉で説明するのは大変なので画像の真似をしてください。このような設置の仕方をすると4つのピストンがすべて同時に動けるようになります。

次に回路をこう設置。木が生えて土ブロックのマスに原木ブロックができると、、

こう信号が流れてピストンが原木を押し出す仕組みですよ。

これで木を育てる部分の回路などは完成。あとは木の葉っぱが邪魔になることや育ちすぎることの対策のためにガラス・任意のブロックを利用して成長を制限する縁取りをします。

木の成長を制限するためにブロックを設置する。

前述の通りガラス任意のブロック(今回は磨かれた安山岩にしました)で回路を囲みます。

これも説明するより見たほうが早い。つまりはだいたい5*5マス(高さ6マス)程度をブロックで占有して葉っぱが必要ない場所に出来たりしないように&高さ7マス目にブロックを置くことで必要以上に大きい木ができることを防止しています。

人が入れる空間を作っておく

ディスペンサーの向かいに高さ2マスの人間が入れる場所を作ります。1マス掘り下げて空間を確保しました。稼働時はここに入ってマウスを押しっぱなしにしますよ。

これで木を育てる部分は完成。次に行きましょう。

 

 

輸送されてきた木を回収する仕組みづくり。

押し出すピストン

まずは輸送されてきた木をTNT爆破箇所へ送り込むピストンの設置。縦4マス*横5マスの20個置きます。

押し出しピストンの回路作成

20個のピストンが動くように回路を組みます。

こんな感じ。横5マスとも同じ仕組みでつなぎます。この画像で通じるかな?もしわかんなかったらコメントください。

安全に回収できる空間を作る

次にTNT爆破で周りを破壊せずに木を回収するために黒曜石で囲った空間を作ります。

5*5、深さ3マスの穴を作っています。また奥に1マスの窪みを作っておきます。ここにはあとで水流を置きます。

反対側にはもう1マス掘り下げた道を作っておきます。ここは爆破した原木が流れる場所になります。

道の先にはアイテムを上に上げるための縦穴を作っておきました。

回路制作&壁を積み上げる。

画像のようにします。

左上にレッドストーントーチ、その左のマスにパウダーを置きましょう。こいつらを置くことで原木が一番左まで来たときに勝手にピストンが押し出しをしてくれる仕組みが出来上がります。

左右の壁は高さ4まで積み上げます。手前の壁は高さ1。4まで積み上げても問題はないですが爆破の様子見れた方が楽しいかな、と。ついでに黒曜石使用量も抑えられるし。

手前の壁の中央にはでっぱりを1マス作っておきましょう。ここが起爆したTNTが乗っかるところになります。

ついでに窪みに水流を置いておきました。

アイテム搬出の仕組みを作る。

とりあえず水流の先にフェンスゲートを置きます。よく使う手法ですね、水流をぶった切れる。アイテムは通過できます。フェンスゲートじゃなく看板でもおkです。

続いてアイテム搬出用の縦穴からの視点。この縦穴には水源を置きたいので水流の干渉が起きないように半ブロックで区切ります。アイテムは滑ってこの縦穴に入ってくるように下は氷に張り替えます。

このあと縦穴の下をソウルサンドに張り替え、縦穴を水源で満たします。アイテムエレベーターですね。

道にも水流を流します。右側に1マス窪みを作って流します。画像の通り。

以上の事をやるとこんな感じになるはず。適当な絵なのは許して!

肝心のTNTの回路を作る。

さあTNT回路を作ろう。これが出来れば仕組み完成。

先程の手前高さ1マスの壁中央に7マスぶん黒曜石を積み上げましょう。つまり高さ8になる。この柱の一番上のマスにTNT起爆用のディスペンサーを下向きに設置。高さ4-6マスにはTNT落下のアシストとして(変なところすっ飛んでいかないように)落下軌道のまわりを黒曜石で囲います。

説明ムズイね。画像を見て理解できるといいのですが。

別角度からの画像もはっておきます。これでもわからなかったらコメントください!

さて、ディスペンサーに回路をつなぎましょう。

20個のピストンを動かすための回路を延長します。画像のように。

上はこんな感じ。

これで20個のピストン作動と同時にTNT起爆で木を破壊する仕組みが出来上がります。あとディスペンサーにはTNTをたくさん詰めておきましょう。

お疲れ様です!これで仕組み完成。もうしっかりと稼働できる状態になりました。


こんな感じで動きます。

まずは注意点。『骨粉とTNTがそれぞれ十分にあることを確認』しておきましょう。特にTNT。木を破壊できないと回路がおかしくなっちゃうかも。いつも十分に用意しておこう。

それでは使い方。といってもタイトル通り。苗木を持って先程制作した場所でマウスを押しっぱなし(右クリック)するだけ。

育つとピストンで横に1マス移動。マウスを押しっぱなしにしていればまた土ブロックに勝手に苗を植えてくれる。これの繰り返しが起こります。

ちなみに苗が無い状態では骨粉は減らないのでクロック回路はつけっぱなしで問題ないです。

押し出されて行って最後のマスまで原木がたどり着くと、、
押し出される。
そしてTNTが降ってきて・・・
原木を破壊!
アイテムEVから原木が出てきました!

以上、仕組みの解説でした!

ちなみに5分で140個原木が手に入るので時速1680、約1700です。サバイバルでも作れるくらいのコストで十分すぎる収穫量。実用性ばっちりです。


これで原木生産機の解説は終了。

ついでに自己満で見た目を整えて見ました。

不穏なモンスターおるやんけ

原木豪華に使いました。これからは木は死ぬほどあるだろうしな!


ということで完成!ぜひみなさん作ってみてください。火薬と骨粉がたくさん必要になるので天空TTを先に作るのをお勧めします。

お付き合いいただきありがとうございました。

おわり

コメントを残す